みんな集まれ!キャッシング情報村

みんな集まれ!キャッシング情報村

キャッシングで失敗しないために...

キャッシングで失敗しないためには、自分の条件に合ったキャッシング会社を選ぶことが必要になります。借り入れするにしても、人によって合うサービス、合わないサービスがありますからね。

 

例えば、今現在複数のカード会社、ローン会社から借入れをしている人は、もし仮に銀行でカードローンの申し込みをしたとしても借入審査に通らない可能性が非常に高いといえます。

 

この場合は、比較的審査が柔軟といわれるキャッシング会社を選んでみてはいかがでしょうか?!・・・銀行で借り入れする場合は、どうしても過去の借入状況まで詳しくチェックされることになります。

 

それこそ、消費者金融で一度でもお金を借りたという履歴があれば、その時点でアウトとなるケースも多いですからね。そのため、審査に不安を感じる場合は、銀行の借入れは正直オススメできません。

 

キャッシング審査を受ける前に・・・

 

銀行や消費者金融会社を問わず審査に落ちたという情報は、基本的に個人信用情報機関にデータとして残される事になります。

 

そのため、キャッシングの申込をする時は、「ここなら審査に通りそうだ」と感じた所に、必ず的を絞って審査の手続きを行うようにしましょう。

 

最初から審査に通らないような所に申込みをしても履歴に傷がつくだけですからね。なお、急な出費で当日中にお金が必要といった場合...

 

銀行での借入は不向きといえます。それは、銀行の借り入れ審査というのが消費者金融会社の審査と比べると、かなりスピードがゆっくりしているからです。その上、書類等の用意も必要ですからね。

 

どうしてもその日の内にお金が必要な場合は、即日融資に対応しているキャッシング会社を探してみるといいでしょう。また、万が一審査に通らなかったとしても、何社も続けて申し込むのはNGです。

 

一定期間申込の履歴が多過ぎると「多重債務者の恐れあり」という内容でデータが残ってしまい、確実に審査に落ちることになります。審査の申込み方法と時期には十分注意するようにしましょう。

 

キャッシングを利用する前に・・・

 

キャッシングを利用してお金をはじめて借りる場合、借入れ先が決まったら、まずは審査で必要な書類を揃えることから始めましょう。

 

クレジットカード同様、審査には勤め先の情報や年収に加え、申し込み者本人の「身分証明書」を提示する必要があります。

 

運転免許証や健康保険証、パスポートなどがそれにあたりますが、どれを使うにしても必ず期限内のものを用意するようにして下さいね。

 

万が一、住所変更が必要な場合は、早めに手続きを行っておきましょう。パスポートの場合は、戸籍抄本か戸籍謄本を1通、現住所が確認できるものを持参すれば、直ぐに変更ができるはずです。

 

どうしても変更の手続きが間に合わない場合には、キャッシング会社にもよりますが、水道や電気・ガスといった公共料金の明細を「現住所の確認書類」としてプラスすれば大丈夫です。

 

いずれにしても、各キャッシング会社によって申込の手続きに必要となる条件というのは変わってくるので、借り入れ審査に必要な書類と扱いについては事前に確認しておくことをオススメします。

 

申し込みに必要なその他の書類

 

免許証や健康保険証といった身分証明書の他にも、借り入れ希望の金額によっては、収入を証明する書類を用意する必要があります。

 

もちろん、希望する借入額が10万円以下であったり、50万円未満であれば、収入証明書がいらないキャッシング会社が多いです。

 

なお、申込者にもよりますが、最近では100万円〜200万円の借り入れ額なら、収入証明書を必要としない銀行がいくつかあるといいます。

 

高額融資を希望していて、いろいろと書類を用意して提出するのが面倒だという人は、こうした審査条件が楽に感じるところを探してみると良いでしょう。ただ、審査内容は異なるので注意して下さいね。

 

また、この他にも申し込み者の職業形態によって、いくつか必要な物、条件が存在します。自営業者の場合、希望額がいくら少なくても、必ず「現在の収入状況」を証明することが必要になります。

 

普段使っている納品書や請求書に加え、キャッシング会社が必要とする書類を用意すれば問題ありませんが、スムーズに手続きを進めるためにも、やはり事前に確認しておくといいかもしれませんね。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ